不動産投資

サラリーマンにお勧めの副業とは?すぐに必要か、将来への備えか。

サラリーマンのおすすめの副業は?

 

こんばんは、ととパパです。

サラリーマンにお勧めの副業って何でしょうか?

今はネットで稼ぐこともできますし、スマホ一台あれば稼げる時代と言われています。SNSアフィリエイトという言葉もあり、若い人も稼いでいる人がいるかと思います。

一方で、詐欺まがいのものもあるので、注意が必要です。

副業をしたい=お金が欲しい ということなので、「稼げます!」という甘い言葉に惑わされないように、しっかりと調べることが重要ですよね。

また、副業で得たお金はすぐに必要なお金なのか?将来への備えなのか?というのも考えるべきポイントかと思います。

  • すぐに必要なお金・・・毎月のお小遣いを増やしたい。毎月少しリッチな食事がしたい。
  • 将来への備え・・・給料だけでは貯金できない。定年後も安定した収入が欲しい。

 

理由は個人で様々あると思いますが、副業の種類について考えてみましょう。

副業の種類はどんなものがあるの?

副業の種類というと、ざっくりと労働型と非労働型があると思います。

これらを考えてみます。

労働型の副業

労働型の副業は、自分が働いた時間に対してその対価として収入を得ることです。

たとえば、本業の勤務時間外のコンビニバイトや、本業の休みの日にウーバーイーツなどの配達員をすることなどが挙げられます。

これらは、何時間働けばいくら稼げるとか、何軒配達すればいくら稼げるとかある程度目安もあり、日払いの仕事であれば、すぐにお金が手に入り、お小遣いの足しにしたりできます。

また、ネットでの労働型としては、クラウドソーシングサービスを利用したものがあります。

代表的なクラウドソーシングサービスだと、

などがあります。パソコンで文字入力の仕事をしたり、イラストやデザインが得意ならそのスキルを売るといった感じです。

ただし、本業の方で副業禁止の規則がないかの確認が必要なことと、禁止されていなくても本業に支障が出るようだと駄目ですよね。夜にバイトやクラウドソーシングの仕事をして本業の時間の昼に眠いとか。

職業選択の自由として法律で認められているので、副業自体ですぐに解雇とかはないと思いますが、本業に支障が出るようであれば、業務不履行で解雇されるかもしれません。

労働型というのは、サラリーマンが常に継続して行う副業としては向いていないと思っています。

労働型をまとめると下記になります。

  • 長所・・・時間当たりの収入がある程度わかる。即金性のあるものもある。
  • 短所・・・本業以外の時間を使わなければならない。副業規定等の問題。

 

非労働型の副業

非労働型はどういったものでしょうか。

働かずに稼ぐってどういうこと?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、お金や資産を使って、お金を稼ぐという方法です。具体的には、

  • 株や投資信託
  • 不動産投資
  • アフィリエイト

などが挙げられると思います。1つずつ見ていきましょう。

株や投資信託

株や投資信託で稼ぐ人のイメージってどんなのでしょうか?

  • 為替やチャートを気にしながら、売買のタイミングを狙ってのデイトレーダー。
  • 複利を効かせた長期保有

デイトレーダーだと、大きく稼ぐにはある程度の資金も必要ですし、マイナスになる可能性もあります。何よりも本業の時間中、株価をずっと気にしていないといけないかもしれません。今の時代、スマホで株価も見れますし、売買も出来るとはいえ、絶好のタイミングを逃すこともありますので副業としてのデイトレーダーは誰でもできるといったものではないかなと思います。

複利を効かせた長期保有は、副業というよりも資産運用に近いですよね。積立NISAだと、非課税投資枠が年間40万円で、投資期間が最長20年です。40万円を年利5%で20年運用すれば、106万円になります。同じ条件で、毎年40万を20年間積み立てれば、積立金額800万円に対し1370万円くらいになります。複利の力はすごいですよね。ただし、すぐに使いたいお金を稼ぐ副業とはイメージが異なります。

『株や投資信託は、ある程度の資金が必要で、資産が減ることも想定される。積立はすぐには使えないので、将来に備えた副業(資産運用)と言える。』と思います。

不動産投資

当ブログでは、私が不動産投資をしていることもあり、何度も記事にしています。

他に借入金がない人は、比較的自己資金は少しから始められ、毎月安定した収入が得られます。

不動産投資もしっかりと勉強しないと、最悪な物件を交わされたりすることもあるので注意が必要ですが、

いい物件に巡り合えれば、1つのアパートで毎月20万円くらいの不労所得が得られることもあります。

毎月20万円の不労所得があるからと言って、すべて使っていいわけではありません。不動産投資を始めても以下のような出費があります。

  • 退去時の修繕等
  • 設備劣化による交換
  • 外壁やコーキングの補修
  • 空室リスク
  • 固定資産税・都市計画税

 

などがあります。これらは、突然必要になることもありますから、ある程度の貯えが作れた後には、少しくらいならご自身で使ってもいいかもしれません。

20万円の不労所得があれば、3万円は小遣いにプラス、残りはストックしておくといった感じです。

もちろん、すべて貯めておいて、次の物件購入時の自己資金にして、規模を拡大していくという選択もあります。

ただ、サラリーマンで規模の拡大には限度がありますし、不動産の所得が多くなりすぎると、本業の給料との損益通算され、納税額が増えてしまうかもしれません。

そうなってくると、法人化しての運用を検討してみるのもいいでしょう。

法人化すると、本業の早期リタイヤも見えてくるかもしれません。

『不動産投資は、購入までは大変だが、いい物件さえ購入出来れば毎月の不労所得が発生する。普段の運用には時間はかからず、本業への影響は少ない。規模拡大し、法人化すれば社長になれるかもしれない。副業というよりも資産運用。ただし、本業と並行しての法人化は注意が必要。』と思います。

不動産投資は年金の代わりになるのか
MRの不動産投資は年金の代わりになるのか?自分の年金受給額は? こんにちは、ととパパです。 今日は、『不動産投資は年金の代わりになるのか』というテーマで書いてみます。 結論としては、『不...

アフィリエイト

アフィリエイトは、自分のブログやサイトで広告収入を得たり、商品を購入してもらい配当を得るといった手法です。

トップアフィリエイターは、月収1000万円以上稼ぐ人もいらっしゃいます。まさに夢の様です。

ただ、副業として稼いでいる人はなかなかいませんし、途中で挫折することもしばしば。

アフィリエイトの知識として、マーケティングやSEOの知識なども必要で、簡単に収入を得ることはできません。

挫折しながら、試行錯誤し続けることで収益につながる可能性はありますが、副業としてすぐにお金が欲しい人には向いていないかもしれません。

ただし、ブログで書いてきた記事やアフィリエイト商品はページ自体が資産にもなりますし、昔書いた記事がバズったりすれば一気に収入につながるかもしれません。自らSNSを使ってバズるように仕掛ける手法も必要かもしれません。

また記事を書くこと自体を趣味としている方は構いませんが、副業として考えると、記事の構成を考える時間や記事を書いている時間は労働時間にあたります。

うまく収益が発生する仕組みをつくるまでは、収益がない労働時間になってしまいます。

知識のない人が一から一人で始めるには難しい場合もあり、本やセミナー、情報商材やオンラインサロンなどで勉強するための自己投資が必要になると思います。詐欺まがいの情報商材にも注意が必要です。

『アフィリエイトは、成功すれば大きく稼げる夢の副業であるが、非常に難しい世界。稼げるようになるまでは、ひたすら無給の労働型の副業で根気と努力が必要。』と思います。

まとめ

僕がおすすめする副業は、やっぱり不動産投資です。プラスで株や投資信託の長期運用です。副業というよりも、もはや資産運用や事業になってきますね。

色々書いてきましたが、不動産投資のメリットとしては、

  • ほぼ非労働型の不労所得
  • 出費を考えていれば、少しぐらいなら小遣いにできる(法人化していれば無理です)
  • 長期で規模の拡大ができる可能性がある
  • 早期リタイヤも描ける
  • 死んでも団信で家族に残せる(個人所有の場合)

 

などがあるでしょうか。将来の年金代わりになるという記事も以前書きました。

不動産投資は年金の代わりになるのか
MRの不動産投資は年金の代わりになるのか?自分の年金受給額は? こんにちは、ととパパです。 今日は、『不動産投資は年金の代わりになるのか』というテーマで書いてみます。 結論としては、『不...

また少額なら毎月の小遣いにしてもいいと思いますので、今欲しいお金と、将来の備えの両方を兼ね備えていると思います。

勿論失敗してローンを払い続けるリスクもゼロではありません。しっかりと勉強して、いい不動産屋と繋がることでいい物件を購入すれば、リスクは減らすことができると思っています。

家賃低下リスクや災害リスクもありますので、立地などもしっかり確認する必要もあります。

  • 新築がいいのか?中古物件がいいのか?
  • 都心部がいいのか?地方がいいのか?
  • アパートがいいのか?マンションがいいのか?

など個人での考え方も色々とあると思いますが今後はこれらも記事にしたいと思います。

ただ、新築1ルームマンションだけは僕は絶対に買わない。ということだけ今日はお伝えしておきます。

皆さんが副業で豊かな生活を送れる参考になれば幸いです。

今日はここまで。では。