MR・製薬業界

【MRのこと】MRのスキル。独立できるようなスキルは身につく?

本日は、製薬業界の動向を少し。
なぜMRを選んで社会人になる人がいるのでしょう?
困ってる人の役に立ちたい?
家族が病気になって薬に助けられた?
というような美談もあるでしょう。
それとも、給料が高い業界だから?
理由は様々あると思います。
最近の就活生は、企業の社会的貢献について面接の際に聞いてくるそうです。
社会的貢献もしっかりして、やりがいがあって、定年まで勤められるような会社っていいですよね。
でも、給料が低かったらどうでしょう?ちょっと躊躇ってしまうかもしれませんね。
トータルして、人の役に立てたり、社会的貢献も活発な会社で高い給料をもらえるというところが
製薬会社の強みなのかなと思います。
では、就職後の実際のスキルアップの話を。
MRとしてのスキルは、主に営業力や提案力、プレゼンスキルかと思います。
会社によりますが、最初は規模の小さいエリアから慣れていき、
だんだんと私立病院や県立病院、大学病院と大きな病院を担当していくことが多かったイメージです。
最近は、そのような傾向が薄れた感じもして、若い人が大きい病院を担当されたりもしています。
要するに、経験年数がどうであれ誰でも担当できるし、病院ごとに慣れていけばいいってことだと思います。
営業力、提案力、プレゼンスキルが高い方がいいでしょうけど、
最近の業界動向は、『自社の薬の話しかできない』ことになっています。
『御社の薬はAは、他社の薬Bに比べてどんなメリットがあるの?』と聞かれたとします。
直接比較の臨床試験がない場合は、なかなか言及できないこともあります。
例えば、
「BはXの副作用が多いから使いにくいと思いますが、AはXの副作用は少ないので非常に使いやすいです。」
これは、Xの副作用で苦しむ患者さんにとっては非常にいい話。
薬を使う先生にとってもいい情報だと思います。
しかしながら、他社製品にはあるようデメリットを解消できる自社製品があったとしても、
比較して自社製品がいいということは、誹謗中傷に当たるとみなされてしまいます。
原則として、自社製品の有効性・安全性についてのみ情報提供が可能となっています。
先生には自作の資料など使えず、会社が用意したもののみ提示できるという状況です。
この状況で、如何に自社製品を使ってもらうかは営業力、提案力が試される一方で、
多くが誰が話ししても同じ内容になりがちです。
今のMRはこのような状況で、捉えようによれば面白みのない仕事ではないでしょうか。
幸い高給でありますが、人員削減も多くの会社がしています。
MRのキャリアアップとしては、同じ会社に務め、ずっとMRとして働くとすれば、
先述したように、段々と大きな市場を担当していくということになります。
その場合は、営業力や提案力はレベルアップしていくかもしれませんが、
現状、規制が厳しくできることが限られる中で、どれほどのレベルアップができるのかは甚だ疑問です。
また、漫然と仕事をしているだけでは、その他の分野のスキルアップはなかなか難しいと思います。
マーケティング部門や開発部門などに配置換えなどがないと、他のスキルは身につきにくいと思います。
ずっとMRでいても、大手の会社だと非常にいい給料がもらえ、生活も安定します。
しかしながら、多くのMRが他の業界に転職できるようなスキルを持ち合わせていない気がします。
もちろん、一部すごい人がいますが、転職の際は業界内での転職が多いのも特徴だと思います。
コロナの影響もあり、業界内の未来も不透明なところもあり、
従来から言われているMR削減論もどうなっていくのかわかりません。
会社に縛られず、個人の力で稼ぎ、金銭的・時間的自由を得るためには、
社内でのスキルアップより、個人のスキルアップが必要な時代だと感じています。
小学生高学年の息子にも、まだわからないとは思いますが、少しづつ教育をしております。
昔に比べて、若い経営者や若くして稼ぐ人が多くなった気がします。
ネットの普及により、学びの場が増えたことやチャンスが多くなっているんだろうと思います。
私自身、もっと早くから稼ぐ力や金融リテラシーに注目していればよかったと40歳を過ぎて後悔しております。
まだ若いMRの方、今後MRになろうと思っている方が、自身のキャリアプランを社内での生き方でなく、
自身の生き方として考えてもらえればなと思います。
本日は、取り留めのない話題でした。
最後まで読んでくださった方いらっしゃいましたら感謝です。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
不労所得を目指すために、不動産投資をしております。
先ずは資料請求いかがでしょうか。
昨日、一昨日の記事に書いておりますのでご参考にあれば幸いです。

不動産投資の資料請求
【毎月不労所得】不動産投資の資料請求。大家への第一歩! ととパパです。 前回、ポイントサイト経由での不動産投資面談について書きました。「ポイントサイトなんて面倒くさいよ!」という方に、...
ポイントサイト経由で自己資金集め
今すぐできる不動産投資の自己資金集め。ポイントサイトを活用しよう。ととパパ(@totopapablog)です。 今年も残り3ヶ月くらいになりました。 コロナの影響で、給料が下がった方もいらっ...

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■