不動産投資

【毎月不労所得】不動産投資の資料請求とセミナー参加

セミナー参加

こんんちは。

今回は『資料請求』と『セミナー参加』について書いていこうと思います。

まずは登録したサイトとしては 楽街 というサイトです。

いろんなサイトを見ても紹介されているサイトで、自分の希望に合った物件情報をメール配信設定などもできます。

不動産情報も見れますが、セミナー情報も見れます。

私は、一番最初のステップとして不動産の資料請求やセミナーの参加申し込みをしました。

一番最初のセミナー参加の申し込みは、『初心者でもわかる不動産投資』的なものだったと思います。
申し込んでから数日後、初めて参加したのは、2018年5月26日(土)。

大阪の立派な場所に事務所を構える不動産会社で、ドキドキしながら入室したのを覚えています。
セミナー参加の定員は8名だったところ、参加者は私一人でした。

「やばい!大丈夫か!?無理やり買わされるのでは…」とドキドキしながら不動産投資を始めるにあたってのノウハウのセミナーを受けていたのを覚えています。

ここでは、『どういった物件がいいのか』を中心に教えてもらったを記憶しています。後日、物件を紹介してもらったり節税の仕組みなどを教わりに再度訪問もしましたが、最終的にはお世話になることはありませんでした。

セミナーに参加することで一番学びになったことは
「節税方法を知らないとずっと損をする」「知っているのと知らないのは大違い」ということでした。

このページにたどり着いた方は、不動産投資を始めようとしている方もいるかもしれません。
私が言いたいのは「節税方法を知らないと損をする」ということです。

皆さん年収はいくらでしょうか?

年末に源泉徴収票をもらって納税額を見ていますか?

年間いくら収めているのか、「源泉徴収税額」で確認してみてください。

私の場合、今年の確定申告で源泉徴収税額すべて約50万円還付されました。

住宅ローン控除がMAXあるので、本来なら90万円くらいの源泉徴収税額です。

さて、最初に訪問した不動産会社では物件購入には至りませんでした。

おそらくMRでそこそこの年収がある方は、不動産会社からすればいいお客さんだと思うので、すぐに買ってもらいたいため物件をいくつも紹介してくるかと思います。

物件も紹介され、不動産会社にも特に不満はなかったのですが、まだまだ知識不足だと思いましたし、他の不動産会社の話も聞いてみようと思ったので購入はしませんでした。

次回は、他の会社への資料請求とセミナー参加、1軒目購入までを描こうと思います。