不動産投資

不動産投資の目的を改めて考えてみた。他の投資はダメなのか。

昨日、不動産屋さんに面談し2棟目の購入がひょっとしたらいけるかもしれない状況になった。

法人化とかのことも考えながら、改めて自分がなぜ不動産投資をするのかを考えてみた。

多くの人は、不動産投資をする目的としては、

  • 本業の税金対策のため。
  • 不労所得が得たい。
  • 本業以外の収入が欲しい。
  • 副業で稼いで早期リタイアをしたい。

というところが多いだろう。

自分自身過去の記事を見ても「早期リタイアするぞ!」と意気込んでいる。

実際に、不動産投資を開始した当時のきっかけとしては、

  • 自分がいなくなった時の家族の収入の柱に。
  • 子供が働けなくなっても、起業していれば働かせてあげられる。

ということを考えながら始めたのを思い出した。

確かに早期リタイアをして、時間的・金銭的自由を手に入れたいということはある。

でも、初心としては、自分のことよりも子供たちのことを考えながら始めていたのを思い出した。

わが子は、少し発達が遅く軽度ではあるが障害者手帳ももらっている。

将来、働くことができるのか?社会に適合できるのだろうか?

今の社会はサポート体制もそう人たちへの理解も進んでいるとはいえ、子供のことを思うと手を差し伸べてやりたい。

そんな思いが確かにあった。

製薬業界に身を置き、自社製品に改善するような薬はないが、業界ニュースなどで有効な薬の情報が出れば、「早く承認されればいいな。」とその都度思っている。

我が子だけではなく、学校には同じような子供が数人いて、その子供たちが集まって授業できる体制もできている。

僕が小学校の時には、「あいつ変わったやつやな。」とか思ってたような子が、今はある程度解明されて、そのような括りになっているんだろう。

その子たちと我が子はお互いに仲もよくて、見た目は本当に普通な子なのに、少し発達が遅かったりする。

我が子は、自分が製薬業界、医療業界にいることで、幼稚園の時に社会生活になじめず様子がおかしいことを早めに察することができ、原因と疾患名とつけてもらうことで周りのサポートを最大限受けることができた。

「我が子を将来的にサポートするだけでなく、友達とかにサポートできるようなことがあればいいな。」なんて思っていた。

とはいえ、本業をやめて支援団体へ転職したりということは考えなかった。

まずは我が子をサポートできるような、家族経営会社が作れればいいなという思いで、将来を夢見て不動産投資を始めていた。

不動産投資も失敗するかもしれない。でも、自分の給料だけで定年後も子供をサポートし続けることなんてできないと思う。

「できない理由を探すより、やれる方法を探せ」と仕事で何度か耳にしたことがある。

やれる方法が僕には不動産投資であったわけで、我が子だけでなく地域の子供たちもサポートできるような未来があればいいなと改めて思う。

不動産投資以外で、アフィリエイトやブログなどネットを使った仕事もあるが、やはり本業で使う時間も大事で、基本的に管理はお任せできる不動産投資がサラリーマンにとってはいいんだろうなと思う。

買う物件次第で、成功・失敗が分かれるので怖いところはあるし、僕自身は大成功しているとは言えない。

借入に対してのキャッシュフローが決していいとは言えない。

でも、試行錯誤しながら10年後やそれ以降を見据えて、子供が世話になっている地域に貢献できるよなことができればいいなと思う。

早期リタイヤしてもやりたいことがなければ自堕落な生活になると思う。

早期リタイヤして、子供たちと明るく楽しめたらいいな。そしてお金もあればいいなと思う。

こういうことを昨日はずっと考えていた。

お父さんは、これからも頑張っていこうと思った。

では、また。