不動産投資

【毎月不労所得】2戸目購入まで。アパート投資への転換。

アパート購入

2戸目の購入はポイントサイト経由で面談した会社でした。

2戸目の会社名は伏せさせていただきますが、市内の一等地にある会社まで伺って話を聞きました。

担当の方は、軽いノリで堅苦しい営業マンというよりは親しみやすい感じではありました。

1戸目のように、会社訪問の日に購入はしていませんし、他の会社への面談もいくつか決まっていたため、ここでは買わないかなと思って帰りました。

そうは思っても、日を追うごとにいくつか候補の物件の連絡が来ます。

ここで購入を決めたのは、自宅からそう遠くない場所での物件で、毎月の手取り収支が約1万円あったことです。

物件は、築13年の1K で13階。場所も非常にいいですし、毎月のプラス収支。

1戸目よりも少し安かったのもよかったです。

それから自宅近くのファミレスや喫茶店で何度か契約関連や引き渡しなどで面会し

2018年8月に引き渡しとなり、2戸目の取得をしました。

これまで2戸の区分マンションを購入を書きましたが、2戸目の契約作業をしている間に

アパート1棟の投資不動産会社《シノケン》にも面談に行きました。

そこで、アパート投資の話と、サービス内容、10戸持つことでの青色確定申告など

話を聞くことができ、ここででもすごく勉強になりました。

不動産投資を始めた時から、規模は拡大していきたいとは思っていましたが、

区分マンションを1戸づつ買い足していくのは、物件を探す手間も、契約締結作業等も

すごく時間がかかると思い、アパート投資の方へと考えがシフトしていく瞬間でした。

おかげさまで、シノケンから紹介された物件を購入することができ

2018年9月に8部屋のアパートを取得。合計10戸のオーナーになることができました。

次は、青色確定申告をするための準備について書こうと思います。