旅行・キャンプ

Go to トラベルで四国水族館に行ってきた。魚の餌やりに子供大満足!

ととパパです。というわけで、一泊二日でGo to トラベルを使って、四国水族館へ行ってきました。我が家は関西在住で、四国水族館まで、自宅から車で約3時間です。

土曜日は天気が悪く、日曜日に水族館へ行こうと計画し、いざ出発!

四国水族館に行ってきた。今年オープンの水族館!

今回は、2020年にオープンしたばかりの四国水族館へ行ってきました。

四国水族館 公式ページ

10時オープンだったので、9時30分にホテル出発し、9時45分には着きました。

ちょっと早いかなと思いましたが、なんと大行列!!

入場チケットを購入するのに並び、チケット購入後は入場するのに並び、結局入場できたのは、10時20分くらいでした。でも、行列もスムーズに進み、係員の方々の案内も手際よく、特にストレスはありませんでした。

四国水族館の入場料

大人(高校生・16歳以上) 2,200円
小中学生    1,200円
幼児(3歳以上) 600円
3歳未満     無料

入場してすぐ左に、魚(アジ)の餌やり体験の申し込み場所がありました。結構並んで入ったので、人数制限で無理かなと諦めていましたが、まだまだ余裕がありました。料金は一人500円。

公式サイトでは、イベント情報のところにオキアミアイスキャンデーというものがあります。毎日、12時00分と12時15分に体験ができるとのことです。

公式ページのオキアミアイスキャンデー紹介はこちら

オキアミアイスキャンデーの予約を12時00分にしっかりとし、時間まで水族館の中を回ります。

アイスキャンデー受付の奥にはイルカが遊んでいました。

大水槽を2階から。アジとかサバが泳いでます。

クラゲコーナーもありました。

外にはペンギンも。アシカもいましたよ。

このほかにも、カワウソの餌やりを見たり、館内を色々と回っているうちに、オキアミアイスキャンデーの時間になりましたので、集合場所へ。

チケット1枚につき、同伴者1名まで同席できます。

棒の先に凍ったオキアミがついていて、本当にまるでアイスキャンデーのようです(笑)

係りの方の合図で15人ほどが一斉に水槽の中にオキアミアイスを突っ込むと、大量のアジがキャンデーをついばみ、その振動が手に伝わってきます。

子供大興奮!

オキアミアイスキャンデーの動画

 

2~3分でオキアミアイスはなくなり、棒だけになります。なくなったとたんにアジは反れていきます(笑)棒の先に赤い印があったら当たりです!非売品の商品(クリアファイルとか)がもらえるそうです。我が子は二人とも外れでしたが、参加賞でシールをもらって帰りました。

朝から入場し、一通り見たところで餌やり体験をしたので、終了後、水族館を後にしました。

僕たちが訪れたのは朝~昼でしたが、海がすぐ横なので夕方もきっと夕日がきれいなんだろうなと思います。

今回のメインは、四国水族館でした。

すごく並んでいましたが、中ではそれほど混雑を感じず、およそ2時間で回ることができました。

立ち寄りどころ

行きは、明石海峡大橋 ⇒ 淡路島通過 ⇒ 鳴門海峡大橋 の旅程。

帰りは、瀬戸大橋 ⇒ 与島PA ⇒ 岡山経由 の旅程でした。

渦の道。鳴門海峡の世界一大きな渦潮。

関西人なら、ほとんどの人が知っていると思われる鳴門海峡の渦潮。通称、「鳴門の渦潮」を真上から見れる施設があります。

雨が降っている土曜日に行ってきましたが、結構な人がいました。

この施設は、徳島県に入ったところにあります。高速道路の鳴門北ICで降りて少し走ったところにあります。

兵庫県側の淡路島にも、「うずしお」とか「なると」と名前の付く施設があるので間違わないようにしましょう。

「渦の道」公式ページ

駐車場代は、普通車1台500円

入館料は、通常:大人510円、中高生410円、小学生260円 となっています。

海上から45mの上に作られたこの施設は、写真のようにガラス越しに海上の渦を見れる場所がいくつかあります。

高いところが苦手な長男もガラスの上に乗っていました。

お天気の関係なのか、あまり大きな渦潮は見れませんでしたが、初めて渦潮を見る子供たちは楽しそうにしておりました。

渦潮の発生には、発生しやすい日と時間がるので、事前に公式ホームページにて確認してから行くのがおススメです!

与島PA

瀬戸内海に浮かぶ島で、瀬戸大橋(瀬戸中央自動車道)海峡部のほぼ中央に位置するパーキングエリアです。

瀬戸大橋は、車用の道路の下に鉄道が通っており、鉄道道路併用橋としては世界最長で「世界一長い鉄道道路併用橋」としてギネス世界記録(2015年)にも認定されているそうです。

展望台もあり、天気のいい日は瀬戸内海を見渡せ、大きな瀬戸大橋を見上げることができます。

こちらは売店前から。

こちらは展望台からになります。天気が良くてきれいな施設です。奥側は四国になります。

電車が走っているのも見えるそうで、3月~11月はアンパンマントロッコが走るのも1日2回見えるそうです。

アンパンマントロッコ詳細ページ

世界一の橋の下に降りれるなんて珍しいので、あまりない機会なので今回は寄ってみました。子供たちも橋を見上げておりました。

宿泊場所は?費用は?

宿泊は天然温泉のあるビジネスホテル

宿泊は、スーパーホテル丸亀駅前 天然温泉「京極の湯」に宿泊しました。四国水族館から車で約10分くらいの立地です。

楽天経済圏に生きる僕は、楽天トラベルで予約。

子供と宿泊するときは、なるべくビジネスホテルは泊まらないんですが、四国水族館の周りには我が家の条件に合ったホテルがなく、このホテルを選びました。

場所は、少しわかりにくかったですが、エントランスは商店街の中にありました。宿泊した感想ですが、妻も子供も僕も大満足でした。

楽天トラベル公式ページ

今回予約した部屋は、3~6名のファミリーにおススメの【スーパールームコネクティング】です。

1つの部屋は決して広い部屋ではありませんが、奥の扉。二段ベッドがある部屋を2つ繋いであり、小学生くらいの子供なら二段ベッドに大満足されるのではないでしょうか。

大浴場ではないですが、天然温泉もあり遊んだ後にゆっくり疲れをとることでが来ました。

朝食のバイキングも、感染対策をしっかり準備くださってましたので、安心して過ごすことができました。

そして何よりも、朝食のうどんが絶品すぎました!

流石、うどん県といったところでしょうか。だし醤油がうますぎて、朝からうどんをめっちゃ食べてました。妻も子供もめっちゃ食べてました。

調べたところ、『天然素材を活かしただし醤油』という名前で、京蔵という会社が出している商品ではないかということに。スーパーホテル公式サイトの朝食の紹介にも、醤油瓶が写っていました。

今自宅にあるだし醤油がなくなり次第、通販で取り寄せようということになりました。もしいかれた際には絶対にうどんをだし醤油で食べてほしいです。

宿泊費はGo to トラベルでお得に!

今回の費用は、

合計料金 21160 円(消費税込)
クーポン利用  7406円
差引支払金額 13754円(消費税込) → 調整で 13750円 になりました。
Go to トラベルのクーポンが別途3000円付き

実質、10750円となりました。

家族旅行で4人宿泊、しかも朝食バイキング付きでこの値段ですので、大変満足のいく内容でした。

まとめ

今回は、ホテルの宿泊するのが久々の旅行でした。

基本的に車で移動できる範囲での旅行が多い我が家ですが、今回は子供たちは初四国ということで非常に楽しかったようです。

今年はいきたかった沖縄の『DMMかりゆし水族館』も行けず、行きたいと思っていた四国水族館にようやく行くことができました。

来年こそは、沖縄に行ってかりゆし水族館に行ってみたいと思います。

Go to事業の財源は税金ですので、税金を多く徴収されているのだから使った方がいいかなと思ってます。旅行に行くとその分出費はかさみますが、通常よりは安価で行けますし、何よりも子供たちがまだ一緒に旅行に行ってくれる間に楽しみたいと思います。

今日はここまで。

では!