MR・製薬業界

【MRのこと】コロナウイルスの影響は?製薬業界の仕事は変わる?

コロナの影響と製薬会社

コロナウイルスが増えてきていますね。

私が身を置く製薬業界では、病院への訪問禁止や医師への面会制限、講演会の中止などが相次いでいます。

会社としても、事務所への立ち入り制限もあり、在宅勤務が多くなり、

医師とはオンライン面談やメールが中心になりました。

とはいえ、もともと営業のMRです。在宅勤務といっても限度があると思ってます。

もちろん、先生の中にはオンライン面談やメールのやり取りをしてくれる方もいますが、

メールアドレスを知らない先生、レスがない先生、資料郵送で一方通行の先生

など、もともと病院で話しかけてコミュニケーションをとれていた先生でも、オンラインでは同じようにいかない場合もあります。

各社試行錯誤しながらだと思います。

今のところ先が見えない状況で、どれくらいに落ち着くのか、どれくらい感染者が増えるのかなど不明なことが多いです。

MRの働き方も、元に戻るかは全くわかりません。

コロナで仕事がなくなる方も出てくるかもしれません。

製薬会社としては、

日当がもらえない・講演会がなくなり時間外手当がもらえない

という収入面のマイナスがあり、私の場合で1ヶ月で6万円は減ってしまうかなと思います。

幸い不動産投資の不労所得もあるのですが、こんなときにもっと規模が大きく投資できていれば

金銭的な不安は軽減されるんだろうと思います。

今は、感染しないことが一番で、早く治療薬やワクチンができることを祈っています。

普段面会していた先生方が、患者さんの治療をしてくださっています。

本当に感謝です。

先生に会う方法が変わったり、頻度は減るものの、コロナウイルス以外の患者さんが減ることはありません。

在宅勤務になってMRは必要ないんじゃないかとの話も出てくるかもしれませんが、

コロナウイルス以外の患者さんのためにもMRはこういう時こそしっかりと働かないといけないなと。

仕事の方法は変わっても、存在意義は変わらないと信じたいですね。